A特定調停-トップ画像
債務整理をよく知るために
債務整理のメリット・デメリット
債務整理と自分を照らし合わせて考える
リンク集
サブメニュー
リンク集
セルライト 除去 エステ体験 内職 求人 在宅 求人 内職 手作業 ハローワーク 在宅ワーク 在宅 副業 内職探し
 


2.特定調停―――「今現在は返済は滞っていないけど、これから先のことを考えると
いずれ行き詰まりがでてきてしまう」という債務者にむけた法的処置です。
特定調停申し立てを裁判所で行うと、利息制限法による金利の上限よりも高い金利で返済をして
過払いしていて分を借金返済にあてがい、引き出し計算したあとで出た金額を毎月分割で払います。


特定調停は任意整理とよく似ていますが、「裁判所を使う・使わない」という点で異なるほか、
利息制限法によって計算し直した借金総額を3年以内に返済することができるのであれば
この手続きを視野に入れられます。
そして、任意整理は司法書士や弁護士が債権者と交渉してくれるのに対し、
特定調停だと裁判所が自分と債権者のとの間に入っていくつかの返済案を作成してくれます。


また特定調停は他の債務整理の方法と違い、特別な専門知識を持たなくても申し立てをすることができるので、
裁判所のバックアップによって簡単に手続きを進めることができます。



google2
Copyrightc 2008 債務整理のデメリットとメリットや無料相談やかかる費用について
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。