債務整理と個人信用機関-トップ画像
債務整理をよく知るために
債務整理のメリット・デメリット
債務整理と自分を照らし合わせて考える
リンク集
サブメニュー
リンク集
セルライト 除去 エステ体験 内職 求人 在宅 求人 内職 手作業 ハローワーク 在宅ワーク 在宅 副業 内職探し
 


個人信用情報機関とは、よく言われている「ブラックリスト」にあたるものです。
しかし多くの人はこれについて誤った解釈をしています。
個人信用情報機関では、個人を特定できる情報(氏名・生年月日・住所など)や現在の債務状況、
支払い期日、返済状況などが記載されています。
その中で、借金返済の遅延・未払い・債務整理といったいわゆる事故情報部分がブラックリストの実態です。
信用情報機関そのものがブラックリストではないのです。


銀行・クレジット会社などでは、この信用情報機関の記録を審査の基準としています。
一定の収入のある職に就いているのか、借金はあるかないかなどを参考にして、返済能力を見込みます。
債務整理は先述したとおり、手続きを行えば「返済能力のない人」とみなされてしまうので、
債務整理の記録が信用情報機関から消されない限りはクレジットカードの使用や新規での申し込み、
ローンを組むといった類のことはできないのです。
債務整理を行う場合はそのあたりのこともしっかり理解しておきましょう。


債務整理をはじめ、事故情報の記録は借金完済から5〜7年、最長で10年かかると言われています。



google2
Copyrightc 2008 債務整理のデメリットとメリットや無料相談やかかる費用について
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。