債務整理のデメリットとメリットや無料相談やかかる費用について


C自己破産
□◆□◆□◆□◆□◆□
債務整理の種類とメリット・デメリット
C自己破産
□◆□◆□◆□◆□◆□



個人再生のメリット
・債務総額を5分の1に減らすことが出来る
(※ただし、減らされたとしても最低でも100万円は返済しなければならない)
・手続き申し込み時に住宅ローンがある場合でも、手放すことなく返済していくことができる
・借金の原因が浪費やギャンブルによって発生したものでも利用が可能
・自己破産のような資格の制限がないので、今の職業のままでいられる
・手続き申し立てをすれば、すぐに支払い請求をとめられる




これにより、日用品以外のものは全て手放すことになりますが、
借金も全てゼロにすることができます。
そのため債務整理の中で、自己破産は最終手段と言えるでしょう。


この手続きをとる時には、支払い不能であることを裁判所に認めてもらう必要があります。
誰が見ても債務者の抱えた借金を月々支払い続け、完済するのは不可能だろうと思える状態にあれば、
大概の場合認めてもらえます。




スポンサードサーチ

□◆□◆□◆□◆□◆□
サブメニュー
債務整理の種類とメリット・デメリット
□◆□◆□◆□◆□◆□

債務整理の種類@任意整理
任意整理のメリット・デメリット
A特定調停
特定調停のメリット・デメリット
B個人再生
個人再生のメリット・デメリット
C自己破産
自己破産のメリット・デメリット


□◆□◆□◆□◆□◆□
メインメニュー
□◆□◆□◆□◆□◆□

トップページへ
債務整理とは?
債務整理の種類@任意整理
債務整理が及ぼす影響
リンク集1


友達に教える

©債務整理のデメリットとメリットや無料相談やかかる費用について